FC2ブログ
  1.   

でっかいクズカゴ

某ツクスレに寄生中のおバカの箱庭です

『奇子』 (あやこ)

絶賛ガス抜き中
恭謙、恭謙(下にぃ、下にぃ)

さて、手塚治虫氏のいわゆる青年向けジャンルに該当する
『奇子』でございますが、中身に関しましては血気盛んな中学生を
刺激するような内容でございます。色んな部位意味で。
戦前の閉鎖した農耕社会と現代社会の狭間で喘ぐ人間を描いた作品です。

あんまり書きすぎるとネタバレになりそうなので、
文章がおかしいのは目をつむってください。

てか元からおかしいけど気にしないでね!


自分の感想を述べますと、頭に思い浮かんだのは“猫”です。
飼ったことのある人ならば経験のある方もいらっしゃるかとおもいます。
外で遊び歩くのが大好きな生き物である猫を“イエネコ”に、
つまり、四六時中家にいつかせるにはどうするのか。

答えは簡単、強引に家に閉じ込めれば良い。

本能のなせる業なのか、ネコというやつは赤ん坊から育てても、
やたらと外に出たがります。
赤ん坊から、子猫、子猫と成猫の中間に当たる時機
この時機は猫にとって本当に日増しに外出する願望が増幅し、
もろに行動に現れます。

ですが、個体差はありますが、ある時期を境に徐々に外への興味が消えうせ
しまいにはもう外へは出たがらなくなります。
この頃になると、人間が強引に外に引っ張り出しても
逆におびえて家に入ってきてしまいます。



主人公の奇子の半生ですが、生まれも育ちも名前どおり「奇妙」の一言につきます。
といっても、一所に強引に押し込められた農耕社会では土地柄によっては
そう珍しくも無かったのかもしれません。
これは、農耕社会への批判ではなくて、どうしようもない必然であったんだろうと思います。

例えば昔話の『猿沢』の伝承の地の一つは、明治時代、
戸籍を作るために日本全国を取り調べた時に、たまたま発見された「村」だとか
百年ちょっと前ですらこんなものですから、実際、外界から隔離され、
少数の人間によって構築される村などがあれば、そりゃあ村中親戚になりますよ。
現在でも、一区画では皆同じ姓名である場所も少なくはないです。



最大の見所は、はい、えーとあれです、あれ
うん、なんでしょう、なんていうか
あれだ、兄妹愛ですかね うん

嘘は付いてないでしょ?


ところで手塚先生のセックスシーンって非常に独特ですよね。
電車で大っぴらに漫画広げて読んでても誰も濡れ場だと解かりません。
と、思います。


チキンなので試しませんけど。



『I.L』のプロローグにでてくる「睾丸殿下」とか凄いですよね。
唐突な日本画、そして絶妙にかみ合わない会話と行為。
まんま、倦怠期のカップルが惰性でしている感じです。

「それは紅白饅頭です。」


なんでこんなにカオスな会話が描けるんでしょうか。
やっぱり神サマだけが上ることができる高みなんですかね。







ところで『奇子』といいますと、雑誌に掲載されたものと
単行本化された方では全くエンディングが異なります。

話には聞いていたのですがつい最近になって、
国立図書館で『奇子』の雑誌に掲載されたほうの
バージョンを読むことが出来ました。

あれほどビッグネームになっても180度違うエンディングを
単行本で書き直すとはよくぞ怖くなかったなぁと。

手塚先生は他の漫画でも何度か単行本で初期掲載とは
異なるストーリに書き直されていますが、
『人間ども集まれ!』は最初に掲載されたエンディングの方が好きでしたが、
『奇子』は単行本のエンディングの方がしっくりきた気がします。




家にいつくか、いつかないかは本人次第、
怖がっていた猫も、一度外の空気を吸ってしまえばそこは猫、
自由奔放に駆け回り、いつの間にか、いなくなってしまいます。

手塚先生の描く女性は、どこか妖艶な魅力のあることが多いです。
あれは猫がモデルだと思うのですがどうでしょうか。


スポンサーサイト



  1. 2009/10/06(火) 20:53:38|
  2. 漫画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<< | ホーム | ようつべを眺めていたら>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kasumaker.blog93.fc2.com/tb.php/31-5a8bd779
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

kasumeka

Author:kasumeka
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (15)
おしらせ (7)
ksg (6)
レビュー (16)
雑記 (9)
Flash (1)
漫画 (3)
映画 (3)
音楽 (3)
分類不可 (6)
書籍 (1)
ホビー・TCG (1)
ゲーム (1)
SS (1)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード