1.   

でっかいクズカゴ

某ツクスレに寄生中のおバカの箱庭です

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ガス抜き

勉強全然進まないですね。
こんな膨大な量憶えられるかボケがああああ!!!!
もう復習サボらないで真面目にやろう。

ああ、もうすぐ夏期講習・・・・
テキスト予習全然終わってねえええええええ!!!
頭の中がオーバーヒートぉぉおおお!!!!

ああああああ海行って叫びてえええええええええ!!!!
時間ねええええええええ!!!!




ガス抜きに適当に雑文でも書いて気を紛らわせよう。うん。




映画版はまだ観ていないけれども原作の『MW』に関してダラダラと。
上映終了までに見に行けるかな・・・・

相変わらず気持ち悪いので隠します。
自分は手塚作品に関しては全部網羅したわけではなく、
胸を張って「読者です」と言えるような立派な人間じゃなですので
アホ言うてるところは適当に流していただいて・・・・


『MW』は個人的に、手塚治虫のマンガの中で『奇子』と並んで映画化して欲しかった作品です。
出来れば、手塚治虫自身の手で、もしくは何らかの形で口出しして欲しかったなぁと。
叶わぬ願いですが。




俺自身が手塚先生の作品に対して共通で抱いている思いなんですが、
この人の作品は『オリジナル』というよりは『風刺物』。

人生から得られた実生活に基づいた経験、または他人の作品、
こういった何かしら外界からの刺激を受けて
自らの中でお話を『創造』ではなく、『想像』する人だと思っております。

ただし、その結果から得られる物語は
元ネタとなった原作の原型を微塵も留めてはいません
(「不思議な少年」しかり、「時計仕掛けのオレンジ」しかり)




この『MW』もその外界からの影響をモロに受けてるなぁということ。

時代に敏感な手塚氏のこと、
連載開始とほぼ同時期におきた『ロッキード事件』の
渦中の人も当然のごとく作中に登場しております。

ただ、この作品においてはもっとも影響を受けた出来事は、
連載の三年前に公開された映画 『エクソシスト』 だったんだろうと自分は思ってます。


主人公の一人、賀来神父が所属していたグループ名「カラス」も
悪魔祓いの神父の名前 「ダミアン・カラス」 から、
殉職した老神父、悪魔に取り付かれた子供、
そして聖職者としての使命感と私情の板ばさみに苦悩する主人公、
どことなくエクソシストを連想させるキャラクターたちが登場します。



ただし、完全な「コピー」ではなく、手塚治虫による独特な解釈が加えられ
それに彼一流の『風刺』が織り交ぜられ、解釈が完全に独り善がりではなく
読者を引き込む本当の意味でのエンターテイメントに仕上がっています。







印象に残ったのは
賀来神父が目黒検事からの尋問に対しての

「私にユダになれというのですか」

という台詞




ユダは銀貨30枚で師匠であるキリストをユダヤ人に売り渡した不義の弟子です。





ここで賀来は自分がユダにはなれないと言いましたが、
ユダが売り渡したのはキリスト、
自分がユダならば、キリストにあたるのは悪魔とりつかれた男。


裏切り者を誇張した言い回しだったのでしょうが、
自分にはキリストへの皮肉に聞こえました。

まぁ、ただの深読みで、一個人の妄想に過ぎませんけど。




キリストに関しては、別の本になりますが、
『鳥人大系』という話に『キリスト』をモデルにした
聖人を皮肉って捩ったようなキャラクターが登場します。

晩年の手塚氏は何かと宗教色を帯びた物語を手がけるようになっていましたが
西欧の宗教、というか西欧の文化や思想に関して
手塚先生の戦時中の体験からくるものなのか、
一種の侮蔑というか、蔑みを抱いているような気がします。


まぁ、『ブッダ』に関しては某国家規模の宗教団体が絡んでいたので
下手なこと描けなかったんでしょうが

おや、こんな時間にだれか来たよう(ry


とかなりそうなので、宗教関係のお話はこの辺で・・・













あと十年生きていたら、
クソみそに描かれた聖人の伝記集とか
なんやらかんやら描いていたのかなぁ、見たいナァ

それより『ルードウィヒ・B』の完結版読みたいなぁ

面白い話一杯頭に詰め込んだまま隠れちゃったんだもんなぁ・・・
なんで神様なのに死んじまうんだよ!!




いつか俺も面白い話描けるようになりたいなぁ
一生を10回くらい繰り返しても無理だよなぁ



でも描きたいなぁ・・・
『ユダヤ戦記』もじった言葉遊びのゲーム作りたいなぁ・・・
でも資料多すぎて読むの大変だなぁ・・・

というか全然時間が足りな(ry

こんなん書いている暇あったら勉強しましょうか うん
スポンサーサイト
  1. 2009/08/06(木) 14:40:01|
  2. 漫画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<遥か昔のzipたち 2 | ホーム | 某氏のところに拍手したら>>

コメント

MWと奇子は確かに通じるものがあるな
ただ映画にするなら間違いなくMWのほうが向いてたと思う
MWは有りでも奇子のほうはまだまだ制限多いような気もするし

ルードヴィヒの続き俺もすげえ読みたいw
完結したら間違いなく名作になってたろう
  1. 2009/08/07(金) 00:54:12 |
  2. URL |
  3. ha #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

見たいですよねぇ
あと「ネオ・ファウスト」とかも

wikiの記述だと色々ぶっ飛んだ結末ですけど
  1. 2009/08/07(金) 20:06:14 |
  2. URL |
  3. kasumeka #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kasumaker.blog93.fc2.com/tb.php/21-47edb076
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

kasumeka

Author:kasumeka
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (15)
おしらせ (7)
ksg (6)
レビュー (16)
雑記 (9)
Flash (1)
漫画 (3)
映画 (3)
音楽 (2)
分類不可 (6)
書籍 (1)
ホビー・TCG (1)
ゲーム (1)
SS (1)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。